マーケティング  
※この機能は、PlusM、PlusMS、PlusMSRでのみ使用可能です。

 

 

見込み客の発掘が簡単 !
既存のお客様への手当てが完璧
!

    ※短縮時間は一作業あたりの目安
 

使用例その1:

新製品発売のDMを100人の顧客へ送りたい
 

ターゲット顧客のリスティングが大変。
<作業時間⇒1時間>

  • 対象顧客の業界を絞ったり、いままでの購入履歴を調べるなどして、100人分の該当顧客をファイルから抽出 。
     

  • IT業界の人で、過去1年以内に購入履歴があって、経理担当の人。リストアップするだけでも大変・・

   
スーパーオフィスなら顧客の条件を指定すればリスティングは完了!!
<作業時間⇒15秒>
  • 選択画面で該当顧客の条件を指定して顧客を抽出。 選択メンバーとして簡単に抽出できる。
     

  • 季節ごとに毎回同じ顧客にDMを送るような場合、一度該当顧客として抽出して あれば次回からは選択画面を開くだけ 。

 
 
   
 
DM用の顧客への宛名書きに一苦労・・・
<作業時間⇒3時間>
  • 各顧客の担当者と住所を調べる。
     
  • DMに宛名を書く。 手書きはつらい・・・
 
スーパーオフィスのラベル印刷なら楽勝!
<作業時間⇒3分>
  • ラベル印刷で、該当顧客全員の宛名を一度に印刷可能。

 
 
使用例その3: 製造業界の広報担当対象の電話リストを作成したい。
 
電話コール用のリスト作成が大変・・・
<作業時間⇒2時間>
  • 製造業界の人で、広報担当の人をリストアップ。ピックアップするに一苦労・・
     

  • リストアップした人たちを電話リストに書き写し。また一苦労・・

   
スーパーオフィスなら電話リストも簡単印刷!!
<作業時間⇒1分>
  • 選択画面で該当顧客の条件を指定して顧客を抽出。 選択メンバーとして簡単に抽出できる。
     

  • 季節ごとに毎回同じ顧客にDMを送るような場合、一度該当顧客として抽出して あれば次回からは選択画面を開くだけ 。
     

  • 選択画面を印刷すれば、選択メンバー名と電話番号が印刷可能。 電話リストが簡単に作成できる。

 
 
 

ターゲット顧客への一斉メール配信が簡単


 


1. メーリングリストを利用し、社内・社外へドキュメントを配信することができる。
2. 配信したドキュメントは自動的に履歴として保存される。
 
情報過多・スピードの時代に常に最新の情報を発信することができ、お客様にも、常にアドバンテージをとる事ができる。また、配信した内容は、 行動履歴に残っているので、配信後のフォローも万全である。
 
例えば、社内のメンバーに書類をすぐに配信したいとき。
 
1) 選択画面から社内のメンバーメーリングリストを選択。
画像5


 
いつ誰にどんなDMを送ったのか等の履歴が残せるからフォローが完璧 。
 
 
2) リストを選び、タスクの中から“差込印刷/メーリングリストの実行”を選択し、メールの配信を行う。(メール文の中に自動で会社名・名前を割付し、配信することができる)
   
3) メールを送信した各会社の行動履歴を表示すると、送信した内容が確認できるから、配信後のフォローアップも万全。
 
画像6