顧客管理ソフト/スケジュールソフ ト/グループウェア 

                  と "CRM/福 朗"の違い

世の中に、顧客管理ソフト、スケジュール管理ソフト、グループウェアは山ほどあります。

CRM/福朗がこれらのソフトウェアと決定的に異なる部分について ご紹介します。

 

-顧客管理ソフトは顧客台帳の置き換え(静的データ、動的データ)

-一見、顧客管理ソフト、スケジュール管理ソフト、グループウェアに見え ますが?

-データ細切れの顧客管理ソフト/スケジュールソフト/グループウェア

-メニューに戻る手間を当たり前と思っていませんか?

-生い立ちの違い

 

-顧客管理ソフトは顧客台帳の置き換え                                     トップに戻る

グループウェア等で利用される、顧客管理ソフトの機能とはなんでしょう?

 顧客管理を行う事です。

では、顧客管理とはなんでしょう ?。

 一般的な顧客管理ソフトのほとんどが静的なデータの取り扱いで終わっています。

 

静的なデータとは、一度入力してしまうと変動があまり ない情報の事です。社名や住所、電話番号等がこの代表となります。顧客管理ソフトでは、これに注文データ等が入る場合もあります。何時、どんな商品をお客様が買ったのか。これも、追加のみ行われる静的なデータです。

そこで、おしまい。

 

なぜなら、顧客管理ソフトの基本が、昔から使っていた、バインダーにファイルされた顧客台帳の置き換えに過ぎないからです。顧客台帳をめくって調べるよりは、検索機能が使えるPCの方が早い。その くらいのメリットしかありません。

 

 

CRM/福朗は違います。静的なデータはもとより、動的なデータが取り扱えます。

 

動的なデータとは、対象となる取引先との日々行われる 様々なやりとり、(メール、訪問、提案書、見積書、アポイントの連絡、紹介を受けた人との関係etc)や、 最新情報の入手(ニュースや株価、インターネット情報等)。それら、ビジネスシーンで行われる 生きているすべての情報を指します。

 

常に企業、社会、取引は動いています、勝ち抜くためには、動的なデータが重要となります。

 

CRM/福朗では、この動的なデータを完璧にマネージメントし、企業競争力を高めます。

 

静的なデータだけの管理は、消極的な仕事を産み、動的なデータは積極的な事業展開を可能にします。

 

いま、もし静的なデータしか見ていないあなた、今すぐCRM/福朗をお試しください。

 

-一見、顧客管理ソフト、スケジュール管理ソフト、グループウェアに見えますが?     トップに戻る

意識してそうしています。が大きく違います。

 

CRMソフトウェアのアキレス腱は、生きた情報が入力されなくなる所にあります。

 

管理職がいかに管理する為の情報入力を強制したところで、優秀な社員ほど、なかなかデータの入力はしてくれません。自分のやり方をわざわざ他人に教えようと思う人は少ない し、指示されるまでもなく結果を出せているから 、データの入力に意味を感じず入力しません。上司も結果を出している社員には、なかなか強制ができず、結果としてシステム全体が崩壊してしまいます。

 

また、一般の社員もイヤイヤデータの入力をしているのでは、入力されたデータの信頼性そのものが揺らいでしまいます。管理者の思い が強いばかりのシステムでは、すぐに立ち行かなくなります。

 

そこで、CRM/福朗では、入力していただく社員の方 が使いたくなるような機能を満載しました。 データの入力をした方が仕事が早くなる、スムースになる、便利になる、楽になる。まさに、使われる方のメリットを作り出す事で、正しいリアルタイム情報の入力を即します。

 

入力される方の、入力のし易さを研究し、もっともみなさんが抵抗なく入力できる インターフェイスを採用しました。

 

特に、スケジュールの場合はシステム手帳に近いイメージが抵抗が少ない。という結論 から、システム手帳をイメージしたインターフェイスにしました。

 

これらを元にCRM/福朗では、インターフェイスのデザインを行っています。結果として、市場の顧客管理、スケジュールソフトと、一見、似たイメージになっていますが、一つでもデータの入力を行えば、その奥の深さ、機能の充実ぶり 、入力されたデータの自動展開にご納得いただけるでしょう。

 

 

-データ細切れの顧客管理ソフト/スケジュールソフト/グループウェア                       トップに戻る

顧客管理用のデータは、顧客管理でいれたら、それでおしまい。スケジュールは スケジュールソフトにいれたら、それでおしまい。名ばかりのグループウェアも、同類の情報しか共有してくれません。

それらは相互に独立していて、あれを使うなら、こっち、これはこっちで最初に戻って同じような操作を何度もしなくてはいけません。データも操作も細切れの状態といえます。

 

CRM/福朗は 違います、例えばアポイントメントを作ったスケジュール画面で、次に会社情報をクリックした場合、多くの場合、いま入れたアポイントの会社について知りたいんだなとソフトウェアが 先回りして、検索する事なく、その会社の情報を表示してくれます。

 

また、よく使うデータは、検索前にリストで表示されるので、いちいち検索する必要なく情報に手が届きます。

 

データ細切れの「顧客管理ソフト/スケジュールソフト/グループウェア」

データとデータをつなぐ「CRM/福朗」と覚えてください。

 

-メニューに戻る手間を当たり前と思っていませんか?                   トップに戻る

顧客管理ソフトの情報を入力するのは、どの画面ですか?

 

メニューから、顧客管理を選択して、入力したい会社を検索して探して、編集、または追加ボタン等を押して、やっと、入力したい画面がでる。

 

スケジュールの場合はどうですか?

もし、上のように顧客の情報を入力していたならば、一度それを、中断してメニューに戻って、スケジュール画面にして、入力したい日付を検索して、編集、または追加ボタン等を押して、やっと、入力したい画面がでる。

 

要するに、何をするにも手順どおりやらないといけない。

 

忙しい時にこんな事してられないと思いませんか?

なぜこうなってしまったのか?

 

これは、システムを作る側が作りやすいからです。作る側の身勝手でこうなっているのです。

機能は分割して作成したほうが、プログラムは作り易いのです。ここでは、ユーザーの使い勝手などは、ほとんど意識されていません。

 

CRM/福朗では、お客様の使い勝手を最優先にデザインされています。顧客管理の途中で、その画面のままスケジュールを作成したり、見積書を発行できます。

 

さらに、ひと手間でも省けるのならば、操作を省くように常にインターフェイスを改良しています。

 

 

この積み重ねが、お客様に「使いやすいね」と言っていただける原点であり、すべての業務に効果をあげる、原点でもあります。

-生い立ちの違い                                                            トップに戻る

顧客管理ソフト 、スケジュールソフト、グループウェアは特定の仕事のみを切り取って、役立てようと生まれたシステムです。ですから、機能が限定し、互換性が考えられていません。

 

皆さんの日々の業務では、いろいろな作業が交錯して同時に動いているはずです、これを特定の仕事、機能毎、目的毎に処理するのは、きわめて不自然なのです、現実がそうなっていないのだから。

 

CRM/福朗は、すべてのオフィス業務の効率化の為に考えて作られたソフトウェアです。

同時並行的に進む処理でも、問題なくすすめられるようにデザインされています。

また、どんな業務とも連携できるインターフェイスを装備していますので、ポータル的な使い方から、ランチャー的、エンタープライズに至るまで、すべての業務をカバーします。

 

 

 

 

顧客管理、スケジュールソフト、グループウェアが持つ機能は、CRM/福朗の中では機能のひとかけらにしか過ぎません。