システム・インテグレーション

 

必要なフィールドは自分で作成
用途に合わせて簡単設定!

    
    ※短縮時間は一作業あたりの目安
 
 

使用例その1:

早速スーパーオフィスを使用してデータを管理したい。
 

取引先のデータをいちいち入れるのが面倒・・・

  • 使い始めはデータの入力が大変。
     

  • 取引先が100件あれば、データの入力も100件。
     

  • 管理する前にデータの入力だけで疲れた・・

   
スーパーオフィスなら簡単 インポート!!
  • ExcelなどでCSVタイプのデータを作成すれば、100件の取引先データもスーパーオフィスが一度にインポートしてくれるから、データ入力の手間は必要なし!

 

業務用に足りないフィールドを追加したいが、コストをかけたくない ・・・

  • 自分たちでシステムは作れない。でも他社に頼むと費用がかかる。仕方なくないフィールドは自分達で管理・・・でもやっぱり面倒。

   
スーパーオフィスなら簡単カスタマイズ!!
  • 足りないフィールドは会社画面やプロジェクト画面に自分達で追加できる。追加方法も簡単!
     

  • 自分達で追加できるからカスタマイズの為の費用は0円!
     

  • ラベル表示も変更できるから、プロジェクト⇒案件、セールス⇒売上など、自社での名称に変更すれば使用中の混乱も解消。

 
使用例その2: 仕事の成果が上がらない。でも残業は多い。一体何に費やす時間が多いんだろう?
 
スケジュールの内容を読まないと 詳細がわからない・・・
<作業時間⇒40分>
  • 今月の作業内容を生産性の高い仕事と低い仕事でタイプ別に整理。
    スケジュールを開いて一つ一つ調べるのも大変だ・・。もしかしてこういう時間が多いのかも?!
     

   
スーパーオフィスならカレンダーで一目瞭然!!
<作業時間⇒5秒>
  • スケジュールをタイプ別に色分け可能。
     

  • クレームは赤、受注は黄色、会議は緑など、視覚的に違いがわかりやすい色に設定すれば、スケジュールを開いただけで今月は どんな作業に時間をかけているのかがすぐにわかる!
     

  • 上司が部下の行動状況を確認するのにも便利!