SuperOfficeは海外で250,000以上のユーザー

日本でも35,000以上のユーザーがご利用されているメジャーアプリケーションです。

国内SFA出荷本数No1のTheContactManagerSuperOfficeのOEM商品です。


「今日我が社は業界をリードする多国籍企業となりました。SuperOffice なくしては実現しなかったことです。」
ここまで我々の成長を支えて来たのは、純粋にビジネスに能力を集中すること、そしてその質と効率です。
もちろん IT 選択も例外ではありません。
我が社はスタート時点から成長を続けてきましたが、常にコスト削減の重要性に注目し、強く配慮してきました。
我々が SuperOffice を選んだことは当然と言えます。
もしもこの十分に信頼のおける、かつメンテナンスの容易なシステムを入手していなかったら、すっかり大企業になった現在でも、ユーザーサポートとネットワーク管理全般をたった 3 人だけで行い続けていることなど、とてもあり得なかったでしょう。
 

「9年前に出会った SuperOffice。今選び直すとしても SuperOffice です。」
SuperOffice を使って9年になりますが、もし今システムを選ぶとしたら、やはり SuperOffice を選ぶでしょう。
我々 TOSHIBA PC は徐々に従来のオフィススタイルを離れ、移動可能な職場、ペーパーレスオフィスへ移行しつつあります。
もちろん SuperOffice なしではあり得ない現実です。
実際、コピー機も処分しました。
今ではスキャナーを使っています。
SupereOffice なら、誰でもこのデータを活用できますから。
 
 



「いつでもどこからでも顧客の最新の情報を手に入れることができます。」

我々の営業部員たちは、いつでも顧客の最新情報が手に入ります。もちろん出先からも。・・・ SuperOffice を導入して以来、確かにオフィスでの作業効率は驚くほど上がりました。たくさんの紙での作業、メモや、レポートなどは、すべて過去のものです。
顧客データベースは、より簡潔に、より見やすくなり、すべての情報の閲覧が可能です。
でもね、これはメリットのほんの一部なんです。我々が SuperOffice を採用した最大の理由は、なんといっても 900 人もの営業部員に、常に最新の顧客情報を供給できるから。
これは実に大きな成功をおさめています。
 
 

 「スーパーオフィスは我が社のバックボーンです!」
我々が SuperOffice に出会ったのは 2 年前。
それまでは独自のセールスソフトを使っていましたが、インターナショナルな対応には限界がありました。
複数の原語で問題なく使えるソフト、例えば国を越えて互換性のある、また中央のデータベースにどこからでもアクセスできるようなソフトが必要でした。
我々はいくつかのパッケージソフトを試してみました。
そのなかで、住所録とスケジュールを論理的かつ一貫した方法で統合できることなどから、SuperOffice を採用したのです。
今では顧客の皆さんにもお薦めしています。
 
 
 


「SuperOffice にはオラクルのデータベースと連動することが必要でした。そして何の問題もなく動いています。」
KPMG サーティフィケーションを立ち上げた1997年当時、急激に増える顧客に対応するためのソフトウェアを探すことも始めていました。
増え続ける顧客に対応するためには、情報がより簡単な、より考え抜かれた形で利用できなければなりません。
最初はアメリカの兄弟会社 J.Laan of KPMG Certification で使用しているソフトウェアを採用しました。
そこで見る限りでは良さそうに見えたのです。
しかし、我々の環境下では非常に不安定で、そのため一番高価なカスタムメイドのソフトウェアというオプションを選ばなければなりませんでした。
この失敗の中でも私は考えていました。
「同じような問題の解決のために悩んでいるのは我々だけではない筈だ」と。そして SuperOffice に辿り着きました。
我々にとって、SuperOffice はオラクルのデータベースと連動するものでなくてはなりませんでしたが、何の問題もなく動いています。